村瀬都思 みつめている of Gallery Forgotten Dreams

GFDロゴマーク最小.ai

Art Gallery
Gallery Forgotten Dreams




村瀬都思 みつめている


くうどうをみつめる.jpg


2015年11月 7日(土)~ 11月29日(日) 
12:00 ~ 19:00
月・火休
但し、11/23(月・祝)は営業

オープニングレセプション : 2015年11月 8日(日)18時より ささやかに行ないます

アーティストトーク : 2015年11月22日(日)17時より






弛まず揺るがず一歩ずつ歩き続ける強さが見せる、継続の持つ力

           弛まず揺るがず、一歩ずつ歩き続ける強さ。

           村瀬都思の作品や制作姿勢からはそうした継続の持つ力というものをまざまざと見せつけられる
          思いがする。

           Gallery Forgotten Dreams第1回展示作家であった村瀬都思、今回が4度目の個展となる。
           この4年、描く世界は全く変わっていない。否勿論それ以前、学生時代からそのスタンスは一貫して
          乱れることが無い。

           何だか判るような判らないような、意識の狭間に存在しているかに思えるモティーフたちが空間に
          浮かんでいたり、ひっそりと堆積していたりする。
           人のようなそうでもないような何者かがそこに佇んでいたりいなかったりする(時には浮かんで
          いたりもする)。
           魚(うつぼ)のようなキャラクターのような存在も時折出没しては顔を覗かせる。
           作者の想像力によって生み出された世界ながら、それは固有の存在であることを捨て、誰もが
          画面の中へ吸い込まれていき、ゆらゆらとよるべなくたゆたうことになる。
           その浮遊感が何とも心地良い。

           一方、描く世界は不変ながら、その描き方については日々前進を続けている。

           初の個展以降、エアブラシを使用するようになるなど、空間の表現、描写について挑戦を続けている中、
          大きな転機を迎えたのは2013年夏のことであった。

           その時、作者の地元名古屋で気鋭のクリエイター集団とのコラボレーション展示を行なった。
           そこでは彼が描き続けているさまざまな「もの」たちを切り抜きとして多数制作し、それが降り落ちる
          光景を写真に収めてもらった。
           これにより、今まで自分の頭の中と絵画平面でのみイメージされていた世界が実際に空間として
          広がる姿を目の当たりにし、新たな空間表現の糸口を掴むことが出来た。
           それ以来、奥行きの描写はどんどんと進化を遂げている。
           そうした一遇のチャンスを逃さず捉えて我が血肉とし、成果に繋げていけるのが見事。
           さらに、作者自身の精神的変化・成長を受けてか、最近では作品のもつ雰囲気として、穏やかな
          落ち着きや温かみもふんわりと感じられるようになってきた。

           雲か霞あるいは白い靄のような存在が、空間にすっと入り込んでいたり覆い尽くしていたりする
          作品が多くなっているのも新たな傾向である。
           これは空間のと言うよりは、湿度の表現になっているようにも感じられる。

           そのように作り続けてきた彼の絵画世界がどんどん深みを増していくと共に、世間の評価もみるみる
          高まりつつある。
           2015年、入賞入選ラッシュはとどまるところを知らず、「FACE2015」への入選は勿論、
          「第4回トーキョー・アート・ナビゲーション・コンペティション」ではついに大賞を受賞、まさに今開催中の
          「神戸ビエンナーレ」では10mという作者史上でも最大の作品をものしている。
           本人自体もWebや雑誌、フリーペーパーなどへの露出が急増中。

           10mの大作も難無く成立させる手腕も持ちながら、手のひらサイズの掌品でもしっかりと世界を構築させ、
          サイズを感じさせない。
           今回の展示では、大型作品は勿論、掌品を空間に散らすような面白い展示方法も取り入れる予定に
          している。

           今や注目度がうなぎ登りと言ってよい村瀬都思作品、まさに「刮目して待て(相待すべし)」と言える
          展示になることは間違いない。




作者のことば



         今回の展示のタイトルは「みつめている」です。みつめる、というのは一体どんな行為なのでしょうか?

         私は見つめている、見つめ続けている、ということは「何か」を保つ為の行為だと感じています。

         例えば、「思い出」というものは、その人の過去にあった事実でありながら、そこにアクセスするたびに更新され
        微妙に変化していくという、揺れ動く記憶の性質をよくあらわした言葉です。思い出す、という行為によって
        単なる過去の記録が、美化されたり、あるいは逆にトラウマとなったりして自分を構成する要素の一つになります。
        私達は無意識に、自然に失われていくものを自らの行為によって形づけ、自分の一部として保ち続けているのでは
        ないか、と感じます。

         本展の作品の中ではなにか特定の事実や、上記のような思い出となる出来事自体をモチーフとすることは
        ありません。むしろ自分の中でさえ、元はなんの形であったのかわからないものだらけです。しかし、それらを
        組み合わせ、おぼろげな空間を作り出し、バランスを整えていくとある時ふとちょうどいい状態が訪れます。
        それはスープのような、しかしそれだけでは何かが足りないような、色々な要素の溶け合ったものです。
        ちょうどいい状態とはそんな、作品に描かれたものに、見つめるという行為を足した時に訪れる微妙な
        バランスなのだと思います。

         現在私たちは手のひらの中にさえ情報の滝を見ることができる時代の中で、色々なことを求められます。
        何を選ぶのか、どこを立ち位置とするのか、どこへ向かっていくのか。そんな時一度その滝から離れ、
        がらんどうのほら穴に立ち、決してゼロではないが目に見えない何かが充満した気配の中で頭を空っぽにして、
        「ただ見つめる」ということが必要な気がしています。見つめることの先に何があるのかはすぐに言葉にできない
        もので、作品の中で練られていっているのだと思いますが、思考を始める原点となるような、私の作品が
        そんなきっかけになれば幸いです。




むらせとし プロフィール



1984 愛知県生まれ
2003 愛知県立瑞陵高等学校卒業
2007 武蔵野美術大学造形学部日本画学科卒業
2009 武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻日本画コース修了
2009-2013 武蔵野美術大学 美学美術史研究室、教務補助
現在、東京都在住

個展
2015 「みつめている」Gallery Forgotten Dreams(東京)
2014 「くうどうをみつめる」Gallery Forgotten Dreams(東京)
2012 「なにもいわない」Gallery Forgotten Dreams(東京) 
2011 「おもい、だす」Gallery Forgotten Dreams(東京) 

賞歴
2015 「ART AWARD NEXT Ⅲ」入選 (東京美術倶楽部)
2015 「神戸ビエンナーレ ペインティングアートコンペティション」入賞(神戸ビエンナーレ組織委員会、神戸市)
2015 「アールデビュタントURAWA2015」入選 (伊勢丹浦和店7Fギャラリー、福福堂)
2015 「ギャラリーへ行こう 2015」入選 (数寄和)
2015  美術新人賞「デビュー2015」入選 (美術新人賞「デビュー」展事務局)
2015  損保ジャパン日本興亜美術賞「FACE 2015」入選 (東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館、読売新聞社)
2015 「第2回横浜アートコンペティション」入選 (株式会社ブライダルプロデュース)
2014 「第4回トーキョー・アート・ナビゲーション・コンペティション」大賞 (美術出版社)
2014 「ギャラリーへ行こう 2014」 入選 (数寄和)
2014 「TOKYO WONDER WALL 2014」 入選 (東京都、トーキョーワンダーサイト)
2013 「TOKYO WONDER WALL 2013」 入選 (東京都、トーキョーワンダーサイト)
2013  あいちアートプログラム 「アーツチャレンジ2013」 入選 (あいちトリエンナーレ地域展開事業実行委員会)
2012 「ART AWARD NEXT Ⅱ」 入選 (東京美術倶楽部)
2008  佐藤国際文化育英財団 第18期奨学生 (佐藤美術館)
2007 「武蔵野美術大学卒業制作」優秀賞
2006  日本文化藝術財団奨学金  (日本文化藝術財団)



作家Webサイト: 村瀬都思