獅子倉シンジ 目力#07 of Gallery Forgotten Dreams

GFDロゴマーク最小.ai

Art Gallery
Gallery Forgotten Dreams


獅子倉氏DM用画像.JPG



獅子倉シンジ 目力#07
禁じられた色彩と形

2012.8.25 (Sat.) ~ 9.23 (Sun.)
12:00 ~ 19:00
月・火曜休

祝日9/17(月)は営業

オープニングパーティ
8月25日(土) 16時より




          作者のことば

          「目力」をテーマにした個展も今回で七回目。

          目はコミュニケーションのシンボル。


          色と形はアートの言葉。

          ご自分の目で観る事により、色でない色、形でない形をいっしょに創造(想像)しましょう。



           獅子倉シンジは、西洋の追随ではない日本独自の表現を追及するうちに、世界に誇るべき工業製品の
          美しさに着目しました。
           また、美術家として表現の枠に囚われない作者は、「アートの日常化」を目標とし、作品制作は勿論の
          こと、パフォーマンスやDJなど幅広い活動を行なっています。
           そこで「バケツ」や「ロードコーン(パイロン)」などを身にまとったパフォーマンスなどを積極的に
          展開してきました。
           その中で「バコーン」や「バコピー」などのキャラクターも生まれています。

           今回のメイン作品となる「目力」シリーズもバケツなど工業製品を活用し、それを絶妙に取り合せ手を
          加えることで、ポップで刺激的な美しい作品に仕上げています。
           その作品は、題名の通り「目」を、目線の持つパワーを象徴するもので、作者のことばにあるように
          アートという媒体を通じて作者と鑑賞者の間に発声によらない会話を行なってもらいたい、という思いが
          根底にあります。

           「目力」シリーズにドローイングなどの小品、さらにはキャラクターグッズまでも加えた今回の展示を、
          是非お楽しみ下さい。





より詳細な展覧会の内容をお知りになりたい方は、こちらのリリース原稿をごらん下さい。   → リリース原稿ファイル(PDF)





            ししくらしんじ Profile

            多摩美術大学彫刻科卒業。イタリア大使館文化部奨学生・フィレンツェ留学。
            サイバー大学世界遺産学部中退。

            1999年 モーツァルトを絵画する(ESギャラリー青山)で個展デビュー

            2001~2007年 フルクサス展(国立国際美術館) / 第一回横浜トリエンナーレ参加
            / 新宿バケツ☆ストリートが国内外で話題になる

            FIFAワールドカップ記念文化催事参加(横浜国際総合競技場) / NiCAF日本代表(東京
            国際フォーラム) / coba Live!(原宿クエスト) / 水戸芸術館 / 金沢21世紀美術館
            / トヨタ美術館 / 川村記念美術館ギャラリー / アメリカ大使館
            / BEAMS GALLERYにて個展多数
            / NHKハート展 / NHKトップランナー及びワールドプレミアム出演

            2008~2011年 上海アートフェア参加 / 抗州アートフェア参加 / Vitamin Water上海店にて
            個展 / ヴェルサイユにて個展 / パリ市内各地でストリート・パフォーマンス

            2012年 バコーン(築地本願寺ブディストホール)