村瀬都思 くうどうをみつめる of Gallery Forgotten Dreams

GFDロゴマーク最小.ai

Art Gallery
Gallery Forgotten Dreams


「ちょうどいい」村瀬都思.jpg

村瀬都思
くうどうをみつめる

2014年 1月11日(土) ~ 2月 9日(日)

12:00 ~ 19:00
月・火曜休
但し、1/13(月・祝)は営業

オープニングレセプション
1/12(日) 17時より
※初日ではありませんのでご注意下さい




 あるものとないものの境にぽっかりと浮かび上がる謎の存在。
 村瀬都思の描き出す世界は、他の誰にも創り出せないどころか想像も出来ないようなユニークなものである。

 どこかで見たことがあるような無いような、何かを具体的に表しているようなそうでもないような、不思議な「もの」たちが画面の
そこかしこにひょっこりと顔を出したりふんわりと浮んでいたりずしんと折り重なって層を成したりしている。
 すっきりとした線と品のある色遣いのため、黒が基調であったり時にやや刺激的な構図であっても、爽やかな印象を与え、
諧謔味すら感じさせる。
 いくつかの限られたモティーフによりさまざまな変化を生み出しそこにリズムと漣のようなメロディを感じさせてくれる。それは、
まさにミニマルミュージック(ミニマルアートではない)のような独特の表現となっているのだ。

 今年村瀬は、名古屋の気鋭のクリエイター集団、アートプロジェクト「RE:LIC」とのコラボレーション展示を行なった。
 村瀬作品に登場する「もの」たちを、紙を切り抜いて大量に制作し、それをスタジオ内に巻き上げ舞い落ちる様をカメラで撮影する、と
いう形の写真作品として出来上がっていた。

 そのひらひらと空中に浮遊しゆらゆらと見えるさまを変えながら落下していく自らが生み出した「もの」たちの光景は、村瀬に
新たなインスピレーションを与えてくれた。
 自らの絵画の中に、浮遊したり飛び交ったりするモティーフを登場させ、空間の広がりや奥行きが飛躍的に増しているのだ。
 元来平面性の強い作風であったが、昨年来エアブラシを導入し背景に自由で均質なグラデーションを描き出せるようになり、
画面に奥行きがより感じられるようになってきてはいた。
 それが、今回を機に、一気に進化したと言える。

 学生時代より、村瀬の描き出す世界は大枠では変わっておらず、一歩も揺るぎない。
 しかしその表現をより研ぎ澄ませたものへと昇華すべく、たゆまなき革新と成長の道を歩むことも決して疎かにはしていない。
 その着実な足取りは、進み行く毎により確かなものへと地歩を固めている。
 2012年の「ART AWARD NEXT Ⅱ」に始まり、「 アーツ・チャレンジ2013 あいちアートプログラム」そして
「トーキョーワンダーウォール2013」と立て続けに入選を繰り返しているのもその証であろう。

 新たな境地に向けて踏み出していく村瀬の、今成し得ている「運び」の技をここに御披露する。



作者のことば

ふと、空洞の中にいるのではないか?と思うことがあります。同時に自分の中に育った空洞のような
ものも感じます。

物質性が薄れていく過渡期に育ち、私達を育てた空洞は私達の中にも空洞を与えました。
確かなものを見つけろと言うのであれば、その空洞を見つめ、空気のようにまるで何もないかのように
振る舞え、と言うのであれば、その壁を探してみる。そこに何もないのであればすぐにつぶれて
しまうような空洞に暮らして、自分の中の空洞を飼いならすようにそこに風を通しています。

それぞれの世代との摩擦を感じながら、子どもの頃、太陽の光に漂う空中の塵をじっと眺めていた
ように、強く目を瞑ってあらわれる光を見ていたように、空洞に何かを見いだすことで、どうにかやって
いける気がします。










むらせとし profile

略歴:
1984 愛知県出身
2009 武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻日本画コース修了

受賞歴など:
2006  日本文化藝術財団奨学金
2007  武蔵野美術大学 卒業制作優秀賞
2008 第18期佐藤美術館奨学生
2012  ART AWARD NEXT Ⅱ 入選
   あいちアートプログラム・アーツ・チャレンジ2013 入選
2013 トーキョーワンダーウォール2013 入選

個展:
2011 「おもい、だす」(Gallery Forgotten Dreams)
2012 「なにもいわない」(Gallery Forgotten Dreams)

主なグループ展:
2007 「Y→X」(Gallery Q、東京)
2008 「七彩輪」(ギャラリー風、東京 ~’12)
2009 「clear landscape」(Gallery Q、東京)
    「第18回奨学生美術展」(佐藤美術館、東京)
2010 「THE TOKYO ART BOOK FAIR 2010」出品(3331 Arts Chiyoda、VACANT、東京)
「クリスマスハート ドローイング」(アートスペース羅針盤、東京)
2011「ART & PHOTO BOOK EXHIBITION 2011」(新宿眼科画廊、東京)
「THE TOKYO ART BOOK FAIR 2011」出品(3331 Arts Chiyoda、VACANT、東京)
2012「ART & PHOTO BOOK EXHIBITION 2012 招待展示」(新宿眼科画廊、東京)
「ART AWARD NEXT Ⅱ」 (東京美術倶楽部、東京)
2013 「あいちアートプログラム・アーツチャレンジ2013」 (愛知芸術文化センター、愛知)
『TOKYO WONDER WALL 2013』(東京都現代美術館、東京)
「Re:lic the first」(Gallery Chiyoda、愛知)


作家ブログ  http://lamb-log.blogspot.jp/