塩見 徹 Nature of Civilization of Gallery Forgotten Dreams

GFDロゴマーク最小.ai

Art Gallery
Gallery Forgotten Dreams


Nature_of_civilization-1-shiomi.tif



塩見 徹 Nature of Civilization

2014年 2月22日(土) ~ 3月23日(日)

12:00 ~ 19:00
月・火曜休

オープニングレセプション
2/22(土) 18時より




 一見すると都市の夜景。
 あるいは独特の色彩に彩られた地図のようにも見える。

 深く輝く青や鮮やかに光を放つ緑をベースに、建物のようにも見える細かな構造物が一面に広がり、点在している。それらを繋ぐバイパスのようなラインが、時にその間を走り抜けている。
 しかし、目を凝らすと、地図や風景とは全く違うものであることが判る。
 そこで捉えられていたのは、電子機器の内部に据え付けられている基盤(ボード)であった。
 確かによく見ると、ものによっては文字が書かれている。チップを製造しているメーカーのロゴなどだ。

 この作品では、基盤そのものには手を加えていないし、撮影後の加工も行なっていない。
 あくまでも素材が持っている持ち味をそのままに、それを最大限に引き出せるようなライティングにこだわり抜いて作品を制作している。
 光の射す方向や角度を絶妙に設定することで、光と影の料や方向、その強さを調整し、立体的でメリハリの利いた画面を創り出している。
 これが光を捉えることにかけて確かな技を持つ塩見マジックの真骨頂である。
 これによって、際立つ色の美しさや燦めきと陰翳の織り成すあわいに見惚れてしまうことになる。
 まるで最近全国で盛り上がりを見せているイルミネーションを目の当たりにしたような興奮を感じることが出来る。
 いくら観ても見飽きることがなく、何度観ても新鮮な発見を覚えることが出来る。
 素材が持っている色彩を活かしながら、どこまでも澄んでいてしかも果てしなく深い色合いを表現しているというのは流石としか言いようがない。

 また、本来は掌に載る程度の小さな、そして微細なものが大きく引き延ばされていることにより、異化された非日常空間をそこに生み出している。
 そのことによって、本来「見せる」ことなど全く意識していなかった対象物はよりその実態を離れ多義性を持った存在へと擬態してしまう。
 またこの表現は、ある範囲の世代にとって原風景とも言うべきゲーム画面(とりわけ「ゼビウス」など)を思い起こさせるものともなっている。
 ゲームという世界にしても、日常と非日常の境界に存在していたものであり、その世界・空間はある種の「自然」であり「ふるさと」ともなり得る共同幻影=風景であった。
 このシリーズを観ると何か心の奥底に響くものを感じるのは、美しく印象的な世界であるということに留まらず、それら観る者の意識を揺さぶるようないくつもの仕掛けが意識的にか無意識にかはともかく施されていることにも拠っているために違いない。

 人工物と自然、生命とそれ以外のものとの関係を問い続けている塩見にとって、今回の「Nature of Civilization」というテーマは、まさに絶好のものであった。
 最早無数と言ってよい電子デバイスに取り囲まれ、その奉仕によって生活を成り立たせている現代人にとって、そういったものは既に「自然」な存在であり、それは太古の動植物が与えてくれたものに置き換わる位置を占めていると言えるのかもしれない。
 そうした電子デバイスによって形作られる「風景」は、われわれに新たな記憶を提供してくれる。




作者のことば

古来、人間の生活のすべてが自然に覆い囲まれていた時代より、人々は身の回りの植物や動物、
気象現象に内在する神秘性を崇拝し、畏敬の念を抱き続けてきた。
理解の術を持たぬが故に、秘密のベールは常に身近に存在していることを知っていた。
そのベールは今や無惨に引き剥がされ、見向きされることもない。
”リンゴの種を蒔けば、やがて芽が出て、枝葉が伸びる。そしてまたリンゴを食べることができる”。
自然の恵みと呼ばれてきた産物と同じく、現代人は数多の電子デバイスからその表層的なアウトプットを享受している。
人間が生み出したテクノロジーの先端は遠く細く研ぎすまされ過ぎてしまった。
人類の誰一人として、もはや一人の手からこれらのデバイスを造り出す事はできない。
だとするなら、その内部に秘められたシステムには、「自然」という名が与えられるだろう。











しおみとおる profile

略歴:
1980 京都府福知山市に生まれる
2009 東京理科大学大学院理工学研究科博士課程修了(理学博士)
卒業後、国立研究所研究員、スポーツ用品メーカーカメラマン、コマーシャルスタジオ勤務を経て、2012年7月よりフリーのフォトグラファーとして活動を始める

受賞歴など:
2011 「Prix de la photographie paris」
2012 「ART & PHOTO BOOK EXHIBITION 2012 招待作家」(新宿眼科画廊)
   「2012JPS展」入選
   「Photographer‘s Forum magazine -32nd Annual Spring Photography Contest」 FINALIST
2013 「Tokyo International Photography Competition 2013」 受賞

展示:
2013 個展 「Time・Dimension・Vector」 (Gallery Forgotten Dreams)



作家サイト  http://torushiomi.jp/